輝きをもらいながら 









詳細を見る

――1,2歳児とともに

あれ? これは? どうして? 事物に関わってみごとに五感を働かせ、感性をみがいていく1,2歳児たちへ。仲間の中でともに育ちあって発達の過程が楽しく見える。


著者:上岡 勢津
サイズ: 四六判/320P 定価: 2160円


読みのスリルとサスペンス









詳細を見る

〜深層読みで名作に迫る〜

文章の中に隠された真実に近づくスリルとサスペンス、 やっと辿り着いて文章の意図が分かった時の深い感動と共感・・・。 そんな深読みスキルを身に付けると、日本語力がアップする!
中高生から社会人まで、国語が気になるすべての人に。


著者:広井 護
サイズ: A5版 252ページ 定価: 1728円


続 土佐ことば 









詳細を見る

独特の言語とその周辺

ユーモアに富み、おもしろく、深い味わいのある〈土佐ことば〉。
土佐の誇るべき貴重な文化〈土佐ことば〉を次代へつなぎたい!と、
いちむじんに取り組んだ、〈土佐ことば〉研究のまとめの書。


著者:吉川義一
サイズ: A5版 188ページ 定価: 1620円


絵のない絵日記









詳細を見る

教室の隅に置きざりにされてきた子どもが、作文や日記を書くことによって自らを解放していく姿を追求した実践記録。


著者:植田 かおる
サイズ: A5変型/48P 定価: 540円


未来を耕す









詳細を見る

─いなかインターンシップの挑戦

日本の未来はいなかから耕される

2006年夏、高知県嶺北地域でスタートしたいなかインターンシップ。いなかの仕事や暮らしを通して、日本の未来にチャレンジする若者が生まれています。これまでの取り組みや未来への思いをまとめた一冊。


著者:南の風社 編
サイズ: A5判 98ページ 定価: 1080円


数学なんかやっつけろ Ⅱ









詳細を見る

小・中数学教育の改革の方向を提案。2冊合わせると、小学校算数から高校数学まで広く見渡せる。これはすごい。


著者:和田 幸男
サイズ: 四六判/244P 定価: 1362円


数学なんかやっつけろ









詳細を見る

くり返して暗記するのではない。高校生が小学生の教科書を開くのではない。年齢にふさわしい学び方で数学の力をつける画期的な学習法が身につく。


著者:和田 幸男
サイズ: 四六判/ 320P 定価: 1620円


教育実践・教育運動記録集









詳細を見る


著者:門田 雅人
サイズ: A5判 298ページ 定価: 1785円


拝啓 松永佳子さまダシにしてごめんね









詳細を見る

疲れたら休めばいい。―― わが子の登校拒否を機に、悩み、考え、ネットワークの中で発想の転換をしていく松永佳子さんの記録を仲間たちがまとめた。


著者:おじゃこの会
サイズ: B6判/264P 定価: 1836円


引き出せ子どもの底力









詳細を見る

人と話しあう力をつける。人間関係を築く力をつける。


著者:矢野 修
サイズ: B6判/160ページ 定価: 1620円


島の子と生きる









詳細を見る

高知県柏島。昔から漁業で栄えた町だが、過疎に悩まされつつある。時代や社会の矛盾をいっぱい抱えながらも精いっぱい生きる子ども達に、詩や作文指導を通して一教師が向き合った。


著者:浦木 秀雄
サイズ: A5判/144P 定価: 1080円


小砂丘忠義教育論集









詳細を見る

"生活綴方の創始者"小砂丘忠義の、初の体系的論集。大豊町に生まれた小砂丘は、龍馬の如く土佐を脱け、全国を舞台に活躍した。41歳で夭折したが、自由と独創の精神は「小砂丘賞」等、今日まで引き継がれている。


著者:中内 敏夫他編
サイズ: A5判/1016P 定価: 14580円


学びの意欲にスイッチオン 









詳細を見る

高知大学社会協働教育の挑戦

自律した学生を、社会と協働して育てる――これが高知大学の社会協働教育の基本理念だ

 高知大学ではここ数年、1年生向けの授業として「自律協働入門」「CBI」など、「なぜ学ぶのか」「どう生きるのか」を問う授業の開発にチャレンジしてきた。「自律」した学生を、社会と「協働」して育てる――これが、高知大学の社会協働教育の基本理念だ。
 学生雑誌の発行、未来の森をつくる活動、休耕田での米作り……など、入学して間もなくの授業で“スイッチオン”した学生たち。早い段階に“スイッチオン”した学生は、学びの質も量も高い。彼らのアクションから、それぞれの心の変化が見えてくる。学生たちの生き生きとした姿と思いを中心に、支える先生たちの思い、社会人4人からのエールともとれる教育観も時代を追っていて興味深い。


著者:高知大学 社会協働教育委員会 監修
サイズ: A4判変形・88p 定価: 1296円


土佐ことば辞典









詳細を見る

土佐人の暮らしの中でいきいきと息づく

「土佐ことば」に魅了された著者が、退職後15年かけて蒐集した600を超す「土佐ことば」を辞典風にまとめた。
「土佐ことば」は、ユーモアに富み、豊かさと深みを持つ優れた言語であり、長い歴史の中で創り上げられた誇るべき土佐の宝である。こうした「土佐ことば」が、次代へ継承されることを願って――。


著者:吉川義一
サイズ: A5判 200ページ 定価: 1620円


土佐ことば









詳細を見る

優れた独特の言語

決定版!〈土佐ことば〉入門

〈土佐ことば〉は、なぜ古典に由来する語が多いのか?――吉川流に解き明かす〈土佐ことば〉の魅力が満載。意見を強く主張する、おおげさな表現や面白い喩えで雰囲気を盛り上げる、心のこもった挨拶言葉など、〈土佐ことば〉は土佐の長い歴史を経て独自に創りあげてきた優れた文化。言葉を通して、土佐の風土、土佐人気質を知ることができる。。 「土佐ことば辞典」とセットで楽しんでほしい。


著者:吉川義一
サイズ: A5判 192ページ 定価: 1620円


出会いを哲学する 









詳細を見る

人生を豊かにするメビウスの原理

人生における出会いを、メンタリングという概念からわかりやすく解き明かします。

本書では筆者自らの生き様を通し、人間ドラマとして数々のエピソードを交えながら、メビウス思考、原理を中核とする全人格人間力パラダイムモデルの形成過程を描いています。

「人間関係、人生、経営など、様々な課題のもつれた糸が解きほぐされる! すべての学問を一つにつなげ、人生を豊かにする究極の原理! 体験談がベースなので、読んでいてもまったく飽きない。これは誰にでも理解できるメンタリング哲学の入門書だ!」
(アントレプレナーセンター代表取締役 福島正伸)


著者:吉川宗男
編集:NPO法人国際メンターシップ協会

サイズ: A5判 220ページ 定価: 1543円


今をいっぱいに輝いて 









詳細を見る

――4,5歳児の2年間


著者:上岡 勢津
サイズ: 四六判/316P 定価: 2700円


ヨコの競争からタテの競争へ









詳細を見る

他人との競争を求める教育ではなく、子ども一人ひとりの“自分との競争”の中で教育を考えよう。教師自身も、ロマンを語り個性を磨こう、と熱く語る。豊富な実践と経験による提言は、現場への応援歌でもある。


著者:山崎 清朗
サイズ: 四六判/208P 定価: 1944円


はだかのにんじゃ









詳細を見る

どの子にも詩があり、どの子も詩が書ける――詩の一つひとつに、子どもの素顔が鮮明に浮かんでくる。 編者が幡多の山あいや海べの学校で担任した子ども達の詩・120編を収録。


著者:植田 かおる
サイズ: A5変型/200P 定価: 1296円


はじめて教師になったあなたへ 









詳細を見る

子どもたちと心の絆を結ぶ7つの原則


著者:田中 滿公子
サイズ: A5判 108ページ 定価: 1080円


なぜなぜ科学館









詳細を見る

子どもたちから寄せられた素朴な疑問約7000の中から100問を厳選した。高知市理科部会、子ども科学図書館指導員の先生らがわかりやすく解説している。


著者:光井 博美 監修
サイズ: 四六判/208P 定価: 1048円


どんとこい学級崩壊









詳細を見る

私の学級はこのようにして崩壊した、そしてのりこえた。マスコミなどで耳にしていた「学級崩壊」の中身がよくわかった、と好評。先生、父母、学生の方に読んでほしい!! 「読書会」などで、学校と父母の関係、子育てなどについて話し合う材料にしてほしい。


著者:矢野 修
サイズ: B6判/208P 定価: 1728円


これからの大学 これからの地球 ――高知大学と私









詳細を見る

「ダイオキシン」「環境ホルモン」では世界的にもその名が知られた著者が、高知大学学長として就任した4年間の活躍を、「研究」「大学」「会社」の3つの章でまとめた。全編を通して、「変える」という理念、「新しいもの」を希求しつづけるという豊かな発想が、核としてある。


著者:立川 涼
サイズ: A6判/196P 定価: 2160円


こころことば輝いて









詳細を見る

3歳児の特徴は、自我のめざめと模倣欲。 仲間とつながり、大きく成長する大事な時です。 そんな3歳児をどう見守り、どんなことばをかけるのか。 筆者のまなざしから気付かされることがたくさんあります。 前著「輝き」シリーズ2冊と合わせて、 1歳児から5歳児までの上岡勢津の保育実践が完結!


著者:上岡勢津
サイズ: 四六判 176ページ 定価: 1836円


いなか地デジ化ものがたり









詳細を見る

テレビをめぐる地方の事情

2011年7月、地上デジタル放送の完全移行。 これを円滑に進めるため発足したNPO法人デジタルこうち推進協会で理事をつとめた著者が 地デジ化という国の政策が高知でどう進んでいったのかを記録。 月刊ニューメディアへの連載をまとめた一冊です。


著者:川竹 大輔
サイズ: A5判 84ページ 定価: 1029円


あしたはなくもんか 









詳細を見る

綴り合う仲間

それでも ひっとりなみだが出てきた あしたはなくもんか――
「すねんぼう裕子」と先生の日記のやりとりの中で、互いに心を開き、成長していく姿を綴った実践記録。


著者:高橋 美智子
サイズ: A5変型/52P 定価: 540円


What's SSP?









詳細を見る

土佐塾中高の新たな挑戦

理想の教育がここにある 文部科学省「教育改革推進モデル事業」採択プログラム

全国にもあまり例のない、塾が創った中高一貫校。
SSP(進路サポートプログラム)とは? キャリア教育とは?
日本各地で、その地域やそれぞれの学校独自の教育が主体的に展開されている今日、土佐塾高校の挑戦が始まった!


著者:SSP企画推進チーム 冨岡豊英 溝渕正一 著
サイズ: A5 240P 定価: 1234円


14歳ってどんな時









詳細を見る

進路、友情、人生で揺れ動く心情を、思い切って言葉にした。まっすぐな気持ちを、わかってもらいたいから――。


著者:矢野 富久味 編
サイズ: A5変型/80P 定価: 702円


13歳で早すぎますか









詳細を見る

愛、人生――こんな考え早すぎるのだろうか? 「とらえどころがない」と評される中学生が今の思い、未来への不安を詩につづる。


著者:矢野 富久味 編
サイズ: A5変型/88P 定価: 734円


「立ち上げる」教育を 









詳細を見る

何を学ぶのか、どう生きるのか

〈何を学ぶのか、どう生きるのか〉──難しいテーマであるが、哲学的視点を導きの糸として、やさしく説く。混迷する今日の状況の中から、青年の「生きた主体」を形成する教育を、立ちあげる!


著者:横田 慧
サイズ: B6判/264P 定価: 1836円