自分にファイト!









詳細を見る

出会ったあなたにありがとう

なんだか、じんわり、元気になる!
22歳で事故に遭い、車椅子で生活することに。今はソーシャルワーカーとして働き、一人暮らしをしている。悩み、くじけることもある時、どう自分に「ファイト!」と力づけさせるのか、きっとそのヒントを見つけることができる。読者に「元気」をお裾分けしてくれる本。


著者:上田 真弓
サイズ: A5判/168P 定価: 1620円


絵金祭の夜 









詳細を見る

土佐赤岡土州金五郎の生涯

実在した赤岡町出身の土州金五郎をモデルに、完全小説化。人情あふれる登場人物の魅力で一気に読まされる力作。土佐の男がいる! 土佐の女がいる! ──情念の恋を秘め、男と女の織りなす、激しいまでの人間模様。


著者:宮地 真一
サイズ: B6判/287P 定価: 2160円


空飛ぶものたちに翼は必要、人間には不要、ただし……









詳細を見る

きっと、飛べる。

飛ぶことをやめてしまった鳥もいれば、
飛べると思い続けた人間もいる。

もんもん文学賞
第5回もんもん文学賞受賞作品


著者:徳瀬 直前 とくせ なおまえ
サイズ: A5判/190P 定価: 1620円


星が降る









詳細を見る

2010(ニート)よ、さらば! 2011、新しい年が開く。

求職中の主人公は”人の好さ”のため友達からいろんな「世の中」の悩みの相談を受けていきます。
それに押しつぶされそうになるのですが、2010(ニート)をラッキーナンバーに人生を転換させていきます。

もんもん文学賞
第7回もんもん文学賞受賞作品


著者:田村 美津樹 たむら みづき
サイズ: A5判/218P 定価: 1620円


旅路来て









詳細を見る

「いのち」を見つめる生物学者が、軽やかに想いを綴った。

社会・環境・いのち……。
來し方を振り返りながら、現代社会を眺め、未来を考える。
(2006年5月28日から8月6日まで、60回にわたり、高知新聞学芸欄に連載)

題字/岩原教子
カット/関根惠子


著者:中内光昭
サイズ: A5判 160ページ 定価: 1944円


地下鉄エトセトラ 第3集









詳細を見る


著者:河 美子
サイズ: 文庫版 168ページ 定価: 515円


命のふるえによりそいながら









詳細を見る

—教育の原点を見つめて—

わたしもまた、一人の教師として、教師になるための学びを続けてきました。その学びの中には、子どもから教えられたこと、保護者に気づかされたこと、地域の人たち、同僚、先輩から学んだこともあります。そればかりではありません。たくさんの失敗や過ち、子どもを叱り飛ばし、なぐったこと、自分の未熟さを棚に上げて子どもを責めたことなどを乗り越えてつかんだものも含んでいるのです。(はじめにより)


著者:浦木 秀雄
サイズ: A5判 192ページ 定価: 1338円


もっとステキに変わりたい









詳細を見る

「思春期」という大きな海を泳いでいたあの頃のわたし。ティーン時代に書き綴ってきた詩をひもときながら、"自分探し"の旅は続く。


著者:中屋 美香
サイズ: A5変型/120P 定価: 842円


みんなでファイト!









詳細を見る

つながる人の輪、心の輪

「ファイト!」と声をかけあう仲間がいる

22歳、事故による胸から下の麻痺……。苦しいリハビリにチャレンジし、重い障害を抱えながらも、仕事を持ち、一人暮らしを始め、自立を遂げる過程を綴った前作、『自分にファイト!』出版から8年。本書は更なるステップアップをはかる著者の、その後の軌跡をたどった。


著者:上田真弓
サイズ: A5判・168頁 定価: 1620円


ポコが危篤です 









詳細を見る

――母から息子への手紙

第7回大原富枝賞最優秀賞受賞の作品を、さし絵とともに、1冊にまとめた。愛猫ポコの生と死を描きながら、命あるすべてのものの尊厳に高めている感動のおはなし。


著者:宮川 静代
サイズ: A5変型/24P 定価: 432円


タイプの音Ⅲ









詳細を見る

重度の障害をもち、 女性史研究を続けてきた 筆者による懇親の第3集

無限の宇宙の時の流れの中で一人の個人が生きられるのは、 せいぜい100年前後だろう。折角この世に、人間として生を 受けたのだから悔いのない人生にしたいものだ。 それは、「自分にしかできないこと」を実現できるかどうかだと思う。 その点、私は良い家族・環境に恵まれて、誰からも制約を受けずに 自由に文章を書ける。 私の人生は幸せだと思っています。(本文より)


著者:森本謙三
サイズ: 四六判 194ページ 定価: 2057円


ケルトふたたび









詳細を見る

—新生アイルランドをめぐって—

2001年高知新聞連載、広くケルト文化を知る入門的著作。

本書は「アイルランド文化の諸相を、広汎多岐にわたる文献を披露して探求した」きわめて学術的な作品である。しかし、本来、高知新聞に連載されや長編エッセーという性格上、多くの読者に「肩のこらない読み物」として楽しんでもらうために、その学術性をなるべく読者に感じさせまいとする配慮が、前編を貫いている。

著者ならではの軽妙酒脱な筆致で、自分がともに歩んできた<昭和>という時代の空気や、自分自身の興味・関心が書き込まれていて、それがいつしかケルト・アイルランドと結びつく。その間、常に、ケルト・アイルランドという鏡に写して、日本文化・土佐文化の特質を浮き彫りにする。単にケルトを知るだけではなくて、日本を知る、読み手が自分を振り返る、という仕掛けが面白い。
余談あり、コラムありの<遊び心>に富んだ本になっている。


著者:澤村榮一
サイズ:  定価: 2484円


カルナ









詳細を見る

運命の出会いがある。運命の別れがある。

パラン、パ。パラン、パ、パラン。
雨音が聞こえる日に限って、
ぼくは深く呼吸することと眠ることができた。

もんもん文学賞
第3回もんもん文学賞受賞作品


著者:長月雨音
サイズ: A5判/216P 定価: 1620円


いのちへ 









詳細を見る

ちいさなちいさな いのりのことば

いのちの神秘 母であることの よろこびと痛み

母親になってはじめて感じる息子への愛情。 両親への想いをつづった詩集。
カバーイラスト:たやみよこ


著者:にしだ ひろみ
サイズ: 172mm x 142mm 114ベージ 定価: 1296円


あてが主人公 









詳細を見る

まさかたまさか介護エレジー

母が脳梗塞で倒れた。たまるか、同居中の息子が面倒を見るハメに。「好きな絵が描けなくなる!?」--しかし、あるときから在宅介護の様子をマンガにして描きはじめた。息子と母が思ったことをぶつけ合うユーモラスな日常の様子が「介護のつらさ」を忘れさせる。


著者:田島 敬之
サイズ: B5判/172P 定価: 1620円


20歳の俺へ









詳細を見る

人生、正解なんてない!?

「もう21にもなるのに、中身は子どもじゃないか」

苦しくて、ちょっと情けない。でも、それが正直な自分。
悶々とした日々を送った20代の僕がいた。
いままた、あたらしい悶々にぶつかっている40歳になった俺がいる。
そして2人は、向かい合う。
悩むこともわるくない。

もんもん文学賞第1回受賞作品! この賞が生まれるきっかけとなった作品です。


著者:武井岳史
サイズ: A5判/148P 定価: 1296円