土佐の永代小作権と自由の系譜


土佐から坂本龍馬が生まれ、自由民権運動が起こり、よさこい 祭りやひろめ市場が華やぐのはなぜだろう? そこに、江戸時代の土佐独特の土地制度を見る。借りているはずの土地を小作人がまた貸し どころかまた売りする。そんな自由で闊達な活動があったので、幕藩封建体制下でありながら「近代的市民」が目覚めてきた! 史料をて いねいに掘り起しながら、土佐において市民革命が浸透していたと主張する注目の書。

著者:福留久司

サイズ:A5版 108ページ

定価:1404円(税込)   数量